2019年のU-20ワールドカップで準優勝した

蚕室(チャムシル)球場をホームに書きながら20本以上のホームランを放った「巨砲期待の主」ヤン・ソクファン(LG)は常務で2年間フューチャーズリーグのトップ打者として君臨した。長所だった長打力を維持しながら、弱点として指摘された先駆ない問題を解決したという自信を持って帰ってきた初年度、彼はデビュー後最も低い打率と長打率を記録し頭を下げた。

ヤン・ソクファンは昨シーズンを終えた後、同僚選手たちと激しい対話で解決策を探していった。彼は「シーズン終わって打撃の問題は、今後の改善の方向を考えた(まま)ウンソンが型、(キム)ヒョンス型、(有)江南と一緒に技術訓練をしながら多く聞いてみた。わたしは、わたしの考えと他人の考えを共有する準備をしていた。私の感じやコーチの皆さんの評価の両方良い方向に行っているようで満足している」とした。

昨年、ヤン・ソクファンは欠点を補うために苦労した。打撃ポイントを前にして打球を離れ飛ばすことを知っている打者では、ボールを選んうとした何もしていない打者に退歩してしまった。

「私は、私が十分にうまくいくことをしなければならなかったが、問題として指摘された部分を改善したことを示そうとしているので、私はあまりにも意識しているようだ。フューチャーズリーグはある程度考えた方向で70〜80%は合致するが、1群はそうではなかったよ。」

「変化するボール、落ちるボールに弱く、先駆ない良い言葉をたくさん聞いた。無意識のうちに変わったことを見せてあげたかった。前に置いて積極的に打たなければならに見せようと心に後ろから迎え始め、それとともにフォームが壊れてバランスが良くなかった。」

ヤン・ソクファンは、「今は中心移動のために立っている姿勢から変えようとする。スタンスも減らし、前進しながら打とうとする。今までは打球スピードもよく出て感じは大丈夫説明した。中心移動打撃の達人チェウンソンと「打撃機械」キム・ヒョンスの助けを借りて訓練方法から変えた。いわゆる「ロングティー」と呼ばれる訓練で中心移動要領を習得した。

2019年のポーランドでのU-20ワールドカップ。韓国U-20代表チームの出発は不安だった。決勝グループリーグ第1戦、ポルトガルとの試合で0-1で敗れた。しかし、스포츠중계 韓国は南アフリカ戦を皮切りに、アルゼンチン、日本、セネガル、エクアドルなどを順番に勝ち、決勝進出に成功した。韓国男子サッカーがFIFA(国際サッカー連盟)主管大会決勝に上がったのは初めてだった。

韓国は2019年のU-20ワールドカップで準優勝した。理由は明らかだった。韓国プロサッカー連盟は2008年以来、Kリーグユースシステムを定着させた。Kリーグ球団はU-18・15・12・10チームを運営しなければならない。ただし、新生チームの場合、プロ加入1年目にはU-10またはU-12チームを運営することができる。2年目からはU-10~U-18チームまで全て運営しなければならない。

ユースシステム和解は、2019年のU-20ワールドカップ準優勝につながった。大会に参加した21人の選手のうち、Kリーグユースチーム出身の選手は18人だった。

「中学校時代から蔚山現代ユースチームで成長しました。 1軍でプレーするキラソンのような先輩たちを目の前で見守った。食事を一緒にして、素晴らしいプロの選手に成長するためには、何を準備するか聞いてみることができました。先輩たちに個人的なレッスンを受けた。Kリーグの試合はもちろん、訓練も細かく取りまとめてみました。

2019年U-20ワールドカップで韓国のレギュラーストライカーとして活躍したオ・セフン(22・金泉常務)の話だ。2019年U-20ワールドカップ以後は2020年AFC(アジアサッカー連盟)U-23チャンピオンシップに参加し、韓国の優勝を導いた。オ・セフンは、自分自身をプロ選手に成長させてくれた蔚山に常に感謝を示す

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다